SSブログ

吹石一恵はドラマ「とんび」に出演していた! [吹石一恵の出演ドラマ]

吹石一恵さんはドラマ「とんび」で重要な役どころを演じていましたよね!

主題歌は福山雅治さんが歌っていました。

実はこの頃にはもうお2人はお付き合いしていたんですよね♪


スポンサーリンク



吹石一恵さんと言えば、TBSドラマ「とんび」で、主人公の息子の恋人役というとても重要な役どころを演じていましたよね。

このドラマの主題歌を歌っていたのは、福山雅治さん!

このドラマが放送されたのは2013年のことですから、この時にはお2人は既に交際されていたんですよね。

「とんび」について

「とんび」というのは、小説家の重松清の同名の小説を原作にしたドラマです。
小説は2003年から2004年にかけて、中日新聞や東京新聞、北海道新聞などで連載されていました。

小説の舞台は広島で昭和30年代からの30年間の父と子の物語を描いています。



幼いひとり息子の成長を見守っている幸せの絶頂にある家族に、ある日突然、妻の事故死という大きな悲劇が襲いかかります。

妻を亡くした悲しみを乗り越えて、不器用ながら一人息子をまっすぐに育て上げる父親の姿を描いた作品で、2012年にはNHKで単発ドラマとして、2013年にはTBSの日曜劇場で連続ドラマとしてドラマ化されています。

「とんび」での吹石一恵さん

吹石一恵さんが「とんび」に出演していたのは、2013年にTBSで放送されたバージョンです。

役どころは、妻を亡くした主人公ヤスに育て上げられた一人息子アキラが成長して就職した出版社の同僚・由美の役です。

離婚してシングルマザーとして一人息子を育てている由美を何かとアキラが手助けするうちに、やがて惹かれあい、結婚するという、物語の終盤を盛り上げていくとても重要な役どころでした。

「とんび」に出演する吹石一恵.png

(tvdorama.noramba.netより引用)


吹石一恵さんはこのドラマの魅力としてドラマの公式ホームページで「愛は伝染していくというところでしょうか。」と語っています。

愛が伝染していくことを演じながら実感し、そしてご自身の人生にも実現させた、ということでしょうか?!

「とんび」の主題歌は福山雅治さんが歌っている!

この吹石一恵さんが出演していたTBS版ドラマ「とんび」の主題歌は、なんと!!福山雅治さんが歌っています。

「誕生日には真白な百合を」という曲です。どうぞお聞き下さい!


心にジーンとくるいい曲ですね。



40歳を過ぎてから家族をテーマにした曲を出すようになった福山雅治さんですが、やはりこの頃から結婚や、自分の家族を作るということを意識していたのでしょうね。

吹石一恵さんと福山雅治さんがこれから作っていく家族の姿、というものも、このドラマの様に不器用でもあたたかい愛に包まれたものにきっとなるのでしょう。

やっぱり末永くお幸せに♪



<吹石一恵の出演ドラマカテゴリーの記事>








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます